佐世保市戸尾『魚晴』の包装紙

0
最近世の中総てのデザイン能力が、
極端に落ちていると思わないだろうか?
というか街を歩いていて左右を見回していて、
看板、屋号などのディスプレイに最低限の
知性やニュアンスというか趣がない。
こんなにデザイン能力が非人間的で、
味わいに欠ける時代になるなんて誰も思わなかっただろうね。

そんなとき地方地方で思わずいいなと思う
包装紙や看板などに出合うことがある。
ヒット、二塁打、三塁打と思わず膝をたたいて、
拍手してというデザイン包装紙に出合うことも多いが、
今回のはホームラン級。

鬚文字がいいし、店名と住所の大小がよい。
なにより紙質がよくて色が冷たくない青というのがよい。
八七五三を「ハナコサン」というのなんてたまらんね。
今時の無能な頭に無機質な物しか持っていないデザイナーどもよ、
これを見習うのだ。

そして全国の企業者、店主はこのような古くからある
優れたデザインを絶対に捨てるな、
リニューアルするな、といいたいね。

ちなみに『魚晴』で売っていたものは
みな魅力的で、思わず買ってしまいたくなるものばかりであった。
ボクは一年くらい佐世保に住みたいものだ、なんて思ったね。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ
http://www.zukan-bouz.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.zukan-bouz.com/mt-app/mt/mt-tb.cgi/2955

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、管理人が2012年1月22日 23:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012年ふな市の旅 02 大村街歩き」です。

次のブログ記事は「2012年 ふな市の旅 03 佐世保着」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。