お魚三昧日記の最近のブログ記事

satou.jpg


宮城県気仙沼の『魚介類 濱喜』さんが開店する。場所は気仙沼「海の市」1階である。

気仙沼のことなら店主の佐藤誠さんに聞け、と思っているので喜ばしい限りである。

お近くの方、気仙沼に行く予定のある方はぜひ立ち寄っていただきたい。

商売繁盛を祈りたい。


ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ
http://www.zukan-bouz.com/

いくつもの仕事が重なって、毎日寝るのが2時過ぎ。

宅急便が受け取れないので、困っている。

朝方、寝坊して6時半にパソコンを起こす。

8時に数点撮影して、市場に向かう。

 

野猿峠を越えているとゆっくり走っているボクの車を

右左に車線変更しながらメルセデスがブーンと過ぎていく。

なんて下品。最近、メルセデスベンツが下品できたならしい

うん●のように見える。

ちなみにガソリンを消費するのは悪の行為である。

大型車に乗っているヤカラは恥ずかしそうに運転しろ。

 市場には8時半過ぎに着。


asanchann0000.jpg


駐車場にはみ出すように『三恵む包装』が商品を山積みしている。

この店、古くは「バッタ屋」と呼ばれていた業種にあたる。

毎日見て、毎日楽しい。

おもしろくてついつい変なものを買ってしまう。

今日、もっとも高かったのが1580円の稲庭うどんなのだが、

これどう見ても2000円以上しそうなもの。

行きつ戻りつ考えて重いので買うのはやめる。 


高野水産、マルコウなどいいものがあるが、

全体的には停滞前線がかかっている状態。

明日が開市のせいだろう。

本日のいちばんは場内どの店にも来ていたマイワシ。

脂がのってうまそう!


iwasidazo.jpg


高野水産に香川県仁尾町からクロダイが来ている。

仁尾は酢で有名な町。

この町の荷は関東では珍しい。


マルコウ水産でウニの白小箱1300円、

エボヤの着いた本ミル(ミルクイ)1150円を買う。

「エボヤ君、もっと安い貝にくっついてね。お願い」

 

uniuniaaaaa.jpg


『あけぼの』で朝からラーメン500円。

ビックリ屋でアワビタケ、スダチ3、食べられるユリ科の花を買う。

帰りの野猿街道、のろのろ坂を登っていたら、

ゴミ収集車に追い越される。


八王子総合卸売センター




ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ
http://www.zukan-bouz.com/

setodainanoda.jpg


セトダイを関東で知る人は少ないだろう。

漢字で「瀬戸鯛」、すなわち瀬戸内海に多い魚で、

タイの仲間ではなくイサキ科である。

加うるに明記しておきたいのが、

明石など瀬戸内海周辺ではタモリと呼ばれている。

この魚、産地では目立たない存在である。

水揚げ後の見た目が良くないので人気もイマイチであるらしい。

これがなんと八王子を中心とした多摩地区で大大ブレークしている。

 

多摩地区では主に

八王子総合卸売センター『フィッシュディーラー タカノ』で

取り扱われている明石もの。

明石ダイにツバス、ハモ、などなど明石ものは多彩だが、

一番人気がセトダイなのは不思議すぎる。

明石人もビックリである。

 

なぜ明石ものが八王子? と思われそうだが、

そのわけは都内にある大田市場にあり。

兵庫県明石市にある『明石浦漁協』が大田市場に出荷。

ここを仕入れ元にしている『タカノ』が

わんさかと明石ものを八王子に運んできているのだ。

 

さて、朝方、運ばれてきたセトダイは『タカノ』の店頭に並ばない。

並ぶ前にハゲタカのようにこれを奪い合い、

仕入れていく魚の達人達がいるからだ。

刺身によし、煮てよし、焼いてよし。

見た目とは裏腹に日本全国のブランド魚あたりが、

ぶっ飛ぶほどのうまさである。

見た目ではなく味で魚を選ぶ、

この達人の店で一度食べてみて欲しい。

 

明石浦漁協へ

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑、セトダイへ

http://www.zukan-bouz.com/suzuki/isaki/setodai.html


ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ
http://www.zukan-bouz.com/

朝寝坊して7時過ぎに起きる。

慌ただしく支度してメールの返信少々、市場へ。

市場には8時過ぎ。

たかさんとすしの話あれこれ。


八王子総合卸売組合『マルコウ』に

オオスジハタ5キロ上(キロ3000円)があった。

半身を確保して市場を回る。

文房具店でマーカーとボールペン。

八王子総合卸売センター『高野水産』で

江ノ島産カタクチイワシ、明石浦漁協のカサゴ、シログチ。

産地不明のイボダイ少々。

同『フレッシュフーズ 福泉で千葉県産スズキ。

八王子元本郷『鮨忠第三支店』のオヤジさん、ジュニアと立ち話。

『市場寿司 たか』でオオスジハタの握りを受け取り、帰途につく。


帰宅は10時前。

すしの撮影、魚の展鰭。

終了は12時過ぎ。大急ぎで外出。

渋滞もなく元本郷『鮨忠第三支店』へ。

1時前に到着。


201301111.jpg


まかないのことなど、いろいろ話を聞き、ちらしと並ずしを持ち帰り。

道路の向こう側にある和菓子店は定休日。

ちなみに、元本郷『鮨忠第三支店』は昔ながらの、

どこにでもあるような店だが、

今ではこのような店を探すのがいちばん難しい。

ボクも近くに住んでいたら、なー。


201301112.jpg


北野八王子総合卸売センター『市場寿司 たか』で

お願いしていた握りを受け取り

帰宅したのが2時前。

元本郷『鮨忠』のちらしずし、並ずし、おぼろ、を撮影。

イボダイとシログチの酢じめの握りを撮影。

展鰭しておいた魚を撮影。

終了は4時過ぎ。


なぜか床屋に行きたくなって外出。

初めてのご近所にある店で頭をすっきりさせる。

帰途OKショップで木の芽とちらしずしなど。

帰宅後、ちらしずし2種を撮影。


午後9時過ぎ。

オオスジハタの料理いろいろ、撮影。

画像の整理、スサビノリとアオサ科、ヒトエグサ科の

言語的、画像的整理を途中に午前0時半、疲れてダウン。

最近一日中滑り台にのっている、そんな感じがするのだ。


ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ
http://www.zukan-bouz.com/

食べたもの

朝方8時

ミューズリーと牛乳

ハガツオの潮がつお1切れで湯漬け


201301031.jpg


岩おこし2枚


午後

ちぼうの焼きそば(冷凍 冷凍庫の底で見つける)


夕方以降

冷凍庫に取り残されていたものいろいろ。

タラバガニの身入りミニお好み焼き


201301032.jpg


コートドールチョコレート3分の1


深夜

タラバガニの内子の塩辛、


201301033.jpg


隠岐西ノ島『イカの子の塩辛』

コップ酒2


日記

朝方6時前に目覚める。

沢村貞子『わたしの献立日記』をざっと目を通す。

思った以上に発見多し。


8時から午後2時まで校正。

またまた台割りを変更したくなる。

我ながら自虐的。

『すしの本』の完成はいつになることやら?

ちなみに『すし関連』の本は最低でも、

作ろうと思ってから10年くらいはかかると思うな。


午後2時にインクを買いに駅前に。

アウトレットがあるので人出がすごい。

世の中暇な人が多いな。

ヤマダ電機でインクを買い思うこと。

たぶんプリンターを作っている会社は「インクでもうけよう」としてるんだろう。


イトーヨーカドーでみかんと野菜、牛乳。

帰宅後、午後5時までマグロ類データの整理。

マグロ類の画像の多さは

「フォルダー内を整理するだけで1ヶ月くらいかかりそう」

と思う程度にはある。

当然、千の単位ではなく万の単位に違いない。


夕方から、冷凍庫に取り残されていた魚貝類の加工品を撮影。

終わったのが午後10時。


深夜1時半にダウン


厚生労働省のパリトキシンに関しての

『自然毒のリスクプロファイル』のことと、

パリトキシン、ソウシハギの報道に関して

書こうとして、時間がなく書けないでいる

ちなみにじっくり読むとだれもが「変」だと思うはず。

「パリトキシンがフグ毒の70倍

(この表現をなんの解説もなく使う人間はハレンチである)」

の毒性どうのこうのの報道がいかにおろかか。

最低限の頭脳を持ち合わせている人なら

どこかおかしいと思わないはずはないだろうに。

報道の食や化学に関する能力がいかに低下しているか、

ついでにそれに過剰に反応してしまう、

日本人の恐ろしさを書こうと思ったが時間がなく断念。


ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ
http://www.zukan-bouz.com/

食べたもの

ミューズリー少々+牛乳

お茶、粟おこし

午前10時前


kakikarerinbo.jpg


『かきカレー』(レインボー食品)、ご飯


午後2時

ホッキガイ(ウバガイ)10個むき、少量の水でゆでる。

ひも、水管、いくつかは丸ごと刻んで、「ほっきみそ」を作る。

足は開く。

ほっきみそで茶碗少々のご飯。

『魚武水産』の潮かつおで茶碗少々の湯漬け。


夜7時半


negima13.jpg


クロマグロのカマトロでねぎま

オールフリー500ミリリットル


深夜


pecha.jpg


のれそれさんにいただいた豆でコップ酒2(一の蔵純米酒)

鞍掛豆はわかるがぺちゃ豆とはなんだろう。

フジマメの種に似ている。


周辺5メートル

朝方目覚めたらラジオから箱根駅伝のスタートの音。

『風が強く吹いている』の世界なのだな、などと思う。

朝からぼんやり、沢村貞子の『献立日記』を読み直し。

9時にパソコンを起こす。

画像の整理、データベースの改訂。

本の校正。

疲れたら『献立日記』

ベッドには深夜1時半。

『献立日記』を読みながら眠る。


ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ
http://www.zukan-bouz.com/

目覚めたら4時、文庫本を読んでいてうとうとしていたら7時近くなっている。

一六タルト2切れと緑茶。

四国の銘菓と言えば

故郷徳島県美馬郡貞光町『一屋』のきんつば、

香川の「瓦せんべい」、高知の「けんぴ」、

愛媛の「一六タルト」が、

本日に限ればなんの脈絡もなく浮かぶ。


8時から仕事。

市場に行く余裕がないのが残念。


10時前、「永六輔の土曜ワイド」で小沢昭一の死を知る。

かなりショック。


日記をさぼっていたので、少々今週を振り返ると、

日々是データ改訂と撮影、そして仕事、仕事の打ち合わせ。


13日、総市のオヤジに「今年のサンマもおしめーみたいだぞ」と言われる。


本日は明日の選挙のことも考えなくては。

1 ちなみに二世議員が大大、大嫌い

(親の地盤を継いだ代議士は許せないな)なので、

二世議員の多い党には絶対に入れない。

親の地盤を継いで代議士になるのは愚か者である。

2 右も左も大嫌いなので、中道でいく。

3 自然破壊をしてきた党には絶対に入れない。諫早湾はやく解放しろ!

4 原発は反対だけど、その危険性を本当に認識している党に入れたい。

なぜ「使用済み核燃料」なんていうんだろうね。人類をすべて死滅させるほど危険なのに。


午後、右手のしびれはともかく、左手の状態も悪くなる。

原因は参考資料の重さではないか、

東シナ海・黄海の魚類誌』など重さを量ってみたい気がしてきた。


4時過ぎに高知県土佐町から「田舎ずし」が届く。

撮影後食べたら懐かしい味。

非常にうまい。



早明浦ダムがあるところで、吉野川を殺したのはこのダムのせい。

ここにすむ人とのコンタクトも吉野川を愛するならするべきだろう。

ちなみに高度成長期の政治家や行政はまともではない。

ボクは吉田茂も大嫌い。


7時になり歩いて5分ほどのスーパーに買い物。

気になっていた街路樹を撮影する。

種名はナンキンハゼ。

つい最近知ったことだけど、この真珠のような実がきれいだ。



帰宅後、仕事。

夕食はマガキの湯豆腐。

後は疲れ果てるまで仕事。


ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ
http://www.zukan-bouz.com/

ラジオ体操の音楽で目覚める。

明らかに寝過ぎ。朝ご飯は鳴門金時と、キングのシナモンガレット、緑茶。

8時過ぎに市場に着く。

『やまぎし』でシリヤケイカを見つけて、加藤さんにさばいてもらう。

「甲イカは皮むけないよ」、「甲イカ?」

加藤さんは日野にある『すし政』の主人で、非常に優れたすし職人なのだが、

【甲イカ=スミイカ、シリヤケイカ=甲イカ】と区別している。


simadadahaiaia.jpg


『高野水産』でツムブリ、青森県産シマダイ(イシダイの幼魚)などいろいろ。

青森県にとってシマダイは重要な魚。そこから入荷というのがおもしろい。

宮城県などから生のり(スサビノリ)、生食用のパックむきガキが来ているのに季節感を感じる。

『市場寿司 たか』で計14かん握ってもらって9時半に帰宅。

すぐに撮影、展鰭。バックミュージックはドリー・パートン。終了は午後1時過ぎ。


taissssssoamahe.jpg


昼はレンコダイ(キダイ)の素焼きを使った鯛素麺。

アーズから習性済みのファイルメーカーが届く。

展鰭したのでシャワーを浴び、1時間北村薫。

午後は画像の整理。画像枚数は1200枚。

途中、黒住さんに貝を発送。ついでに買い物。

整理終了は7時過ぎ。

この時点で愛知県蒲郡から来ていたヒメのなかにイトヒキヒメが混ざっていたことを発見。

検索を見るとかなりの珍種であることがわかる。本日も入荷があったので非常に残念。

ついでにヒメ科を改訂、ミクリガイ属を打ち込みたいが無理。

夜、ツムブリの刺身、塩焼き、メイチダイの醤油焼き、ミズダコのあぶりガリシア風、シリヤケイカの刺身を撮影。

午後以降撮影枚数が400枚を超え、とにかく整理、保存。

11時過ぎにテレビをつけたら『赤ずきんちゃん気をつけて』をやっている。

なんだか懐かしく、再読しようかなんて思う。

深夜1時半にダウン。


ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ
http://www.zukan-bouz.com/

10日午後10時半過ぎにベッドに横になる。

だらだらと宮部みゆき。

午前1時半にベッドを離れてしたく。2時過ぎまで画像の貸し出しなどをする。

そして沼津へ。


新しい車になってすいすいと南下。

やはり新車はいいね。しかも走行中の燃費表示があり

夜中はリッター二十キロを超えている。

東名の集中工事などああり、沼津魚市場には4時半前。

入った途端に活気のなさを感じる。


sigedatara.jpg


仲買さん、職員の方に挨拶。

志下の底引きの方に「久しぶりね」と言われる。

場内見渡すに、どうやら不漁。


gosogosoabayra.jpg


チヒロダコ、ゴソ(ハシキンメ)、アブラゴソ(ヒウチダイ)、カサゴ(ユメカサゴ)が多い。

アカザエビ、サガミアカザ、ホンエビ(ヒゲナガエビ)、ヒカリチヒロ、ツノナガチヒロ、ボタンエビなどのエビ類はいつもどおりのそろい踏み。


Aakazasawai.jpg


あえていうとアマエビ(ジンケンエビ)が少ないかも。

佐政の青木さんがやってきたので、いろいろお願いして、

山丁・菊池利夫さんと安良里の魚武さんに挨拶。


araridasai.jpg


イーノの専務が視察の案内をしていので挨拶。

本日は挨拶ばかりしている。


fujisanngano.jpg


7時前、朝ご飯を食べに『高嶋』に向かう。

岸壁に出ると富士山の頭だけが雲に隠れている。

なんだか不思議な形だけど、この雲の名前ってあるんだろうか?

塩乾などを売る建物で鹿児島県産のちりめんを見つける。

日本全国のちりめんを集めて撮影しているので1キロ買う。


takasimadananaoda.jpg


『高嶋』に入るとお客が2人。

ボクが端っこに座るとガラリと戸を開ける音が続く。

時分時ということか。


namasirasduete.jpg


こはだ、あじ(マアジ)、メジ(クロマグロ)、卵焼きに、生しらす。

締めの巻もの。イカを追加したのは余分だったかな。

これで支払いは1100円って安いよな。


志下の竹中酒店に電話して、少々早めに店を開けてもらう。

時間があるので我入道の町並みを通って、志下に。

竹中酒店の駐車場でストレッチ。

店内に入り、『白隠正宗』、『喜久酔 特別本醸造』、『初亀 秋上がり』、『金明 特別純米酒』、

なぜか香川の『凱陣』があったのでこれも買う。

そういえば『白隠正宗』のサイトを作っているヤカラははっきりいって愚か者だ。

まことに見にくい。

すっきりしたいい酒なのだから、すっきり見やすいサイトを作った方がいいよ。

支払いは11900円なり。

日本酒は1本2000円台を上限としているので、手堅い買い方なのだ。


佐政水産で会計をしてもらい。

青木さんに送られて、沼津を後にする。

一般道を北上して裾野へ。


fureainanodayo.jpg


裾野駅近くにある農協の『ふれあい市場』でお茶を1キロ。

米3キロ、オクラ、見知らぬ菜、総菜類を買う。

支払いは11500円だが、ほとんどがお茶の代金。

日本茶がないと生きていけないので、支払いは多額だが、実は節約のためなのだ。

ちなみにここに置いてある「麦まんじゅう」はうまい! のだけど今回はダイエット中なので断念。


帰途は渋滞もなく八王子総合卸売センター『市場寿司 たか』には正午前に着く。

たかさんに魚を渡して、帰宅は12時半。

持ち帰った魚をとにもかくにも撮影、てん鰭。

午後4時になって、頭が痛くなったのでベッドで宮部みゆき。

いつの間にか居眠りして、気がついたら5時過ぎ。

鰭が固まったものだけ撮影。


裾野で買ったお総菜を食べ、大きな落花生をゆでてビールを飲む。

この大きな落花生が甘みがあってうまい。

午後9時を回って、ツノナガチヒロエビの煮つけ、ボタンエビの刺身で『喜久酔』を2杯。

0時前までデータベースの整理をして、ダウン。



ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ
http://www.zukan-bouz.com/

朝方というかまだ深夜、ラジオを消していることを思い出して、

ベッドのなかで「つけるべきか悩む」。

日曜日の朝は、なぎら健壱のフォークの歴史などがあったはずで、

結局ラジオはやめて高村薫を読みながらもう一度眠る。


7時に起きて、すぐにデータ整理。

ドリームウィーバーと、ライトルームを

ダウンロードしたのだけど、まだ手をつけられない。

9時半までひたすら原稿書き。


朝食は子供の頃の「おみーさん」を再現する。

「おみ」、「おみーさん」とは関西、四国などでの雑炊のこと。

だいたい雑炊、おかゆなどの区別がはっきりせず、

呼び名もいろいろであるのだけど、

たとえば子供の頃、東京に出た経験のある

父・藤原公司は「おじや」といい。

明治生まれ、

美馬郡美馬町(現美馬市)の旧家で育ち

徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)に嫁いだ

祖母・臼井おこのは「おみーさん」だった。

関西、四国ではいろんなものに「さん」をつける。

太陽は「おひーさん」となる。

再現したのは初秋らしくナスのみそ汁に冷やご飯を入れたもの。

上品に作りすぎたと少々反省。


正午までは原稿を書き、1時にカマス飯を作り撮影。

1時半満腹になったら眠くなりベッドで『レディージョーカー』読了。

続いて奥田英朗の『無理』。


午後4時過ぎまで『つり丸』の原稿書き。

あらかた書き終わって、外に出る。


akihagatakane.jpg


今年始めてアキアカネを確認。

多摩大通りに出て南下。

トンネル手前に早稲田実業王貞治記念グランドなるものを発見。

知らなかったな。


oooooosadadahao.jpg


下町で梅割などを飲んでいると、店内はまず間違いなく巨人ファンで、

王貞治の話がどこかしらでわき起こる。

そういえば長い間、立石や住吉などを無駄歩きしたいないな。


町田街道に出て、京王線の高架を目印に橋本まで歩く。

山あり谷ありで橋本駅には6時前に着く。

どこかで焼鶏に生ビールといきたいと思ったが、入りたい店は皆無。

寂しい町だね。


hasimotootototot.jpg


駅前のイオンがこれまた非常に低級。

ろくなものがない。

あまりの空腹に駅の立ち食いそばできつねそば。


京王線で南大沢へ。

自宅到着は6時半過ぎ。

写真画像貸し出しの返事。

原稿の送信。

気がついたら『ララクラシック』の時間なので

カマスのオクラ和え、イオンで買ったバターの風味の強いコロッケを2個を肴に

オールフリー、日本酒を1ぱい。

レ ヴァン フランセーズっていいな。


ハモとなすのたきものを作り撮影。

秋なすのおいしさを堪能。

11時過ぎになり、眠くなる。


ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ
http://www.zukan-bouz.com/

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちお魚三昧日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはおさかな弁当です。

次のカテゴリはさかな季語事典です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。